Home > Archives > 2009-04

2009-04

PWM制御テスト

ブレッブボード上でPWM制御のテストをしてみました。
実際にはLEDの輝度を変化させるだけなんですが、案外簡単にできました。
これでモーター制御が行えるメドが立ちました。
あとは波造にこの制御を組み込めば高度なポンプ制御が行えます。
実際にはポンプのオンオフができれば問題ないんですが、ある程度なめらかな駆動ができれば、ポンプへの負担もへるのではないかと考えています。

どちらにしても、高速のスイッチングになるのでMOSFETは必要になりそうですね。
手持ちにはありませんので、購入しなければなりません。

スドー サテライト

  • 2009-04-30 (木)
  • diy
  • hatena count

今朝のこと・・・フチドリハナダイ(♀)が干からびた姿で・・・(T_T)
♂じゃなかったのが幸いか・・・

imgp2476.jpg
さてさて、巷でウワサのスドーサテライト。
スポンジボブが存命なら速攻で飛びついていたハズ(死ななきゃ自作していた)
んで・・・こないだテイ○ーズ行ったときに安かったので買っておいた。

当面使うこともないだろう・・・って思ってたけど、ふとこんな使い道もいいかもしれないと思い・・・

Continue reading

コリンズ

  • 2009-04-30 (木)
  • shop
  • hatena count

そうそう、なんかまとまって入荷するみたいね。
これで本来の価格に戻るかな?
あまり興味はないんだけど、小さければ欲しいね(つか、極小のシマが欲しいw)

モーターのコントロール

さてさて・・・AVRからの出力でどうやって12Vのモーターの制御をするか・・・
普通にトランジスタでやっちゃっても大丈夫なもんでしょうかね?(手持ちは2SC1815だけ)
モーター駆動によるトランジスタの発熱も考えないとダメなのかなぁ・・・

将来的にはモーターパワーのコントロールもしたいけど、当面はオンオフだけでいいや。

っと、その前にポンプを手に入れないとね。
DCタイプのポンプはちょい時間が掛かるかもって言われたし。

造波装置

  • 2009-04-29 (水)
  • diy
  • hatena count

あーーさてさて、少し前から気になっているポンプがあります。
コラリアです。
どうやら、AC100VスタンドアローンタイプとDC12Vタイプが用意されているようです。
DC12Vタイプは専用のコントローラーのみで使うようですが・・・コネクタさえなんとかすればほぼ理想のポンプっぽいです。(コードはぶった切る必要がありそう・・・)
実は・・・ぱっとみてboyuだと思ったんですが、違うみたいですね(^^ゞ

直流タイプなら制御は簡単です♪
手持ちにトランジスタがありましたから、それで制御できそうですね。
マイコン使えばPWM制御も簡単にできそうだし(ポンプパワーの制御ね)

つか、安い!
一番ちっこいのなら従来の小型ポンプと変わらない価格ですね。

マイクロバブルエアレーター

  • 2009-04-29 (水)
  • diy
  • hatena count

ずっと前に作った自作プロティンスキマー

661.jpg'

 

 

 
ちょいとコンパクトに作りすぎたのと、カラム内に設置した配管が邪魔で思ったほどの性能を発揮できなかった。
663.jpg'

 

 

 

ただし、発生する泡には自信がある。
662.jpg'
このときはマイクロバブルの発生原理を利用したエアレーターを使い、心臓部のベンチユリーを設計したのだ。非常にクリーミーな泡を作り出すことができた。スキマーとして使わない場合はあっという間に水槽を真っ白けにできるくらいの能力はある。

ただ・・・予想外に詰まりが早く、頻繁なメンテナンスを要求したのがアレなんだが・・・(今は給水部にスポンジフィルターを巻くことである程度は対策できた)

さてさて・・・この時は何種類かのエアレーターを使って実験していた。
実際にスキマーに使えたのは次の写真のものだ。
656.jpg'

 

 

 

先に書いた通り、多少の不満点があったが、スキマーのような閉鎖系で使えたのはこれだけだったのだ。(スキマーの塔内に導水することで背圧が掛かりエアを発生できない)
ただ、開放系でのテストではもっと強力な泡を発生する装置は作っていた。(ほとんど泡の粒子が見えないくらいの能力があった・・・が、スキマーとしては不適w)
当時はスキマーのベンチュリーとしてしか考えていなかったが、マイクロバブルのエアレーターとして使えば面白いかもしれない。海水で使うと予想以上に多量の泡ができてしまうので使いにくいんだが、エアーを絞ればそれなりに使えていた。
当時作った装置は残念ながら捨てられてしまっているが・・・そのうちまた作ってみたい。

上手く使えば病気の治療等にも使えるんじゃないかと期待できるからだ。

ダンゴオコゼ

最近になってようやく水槽真中くらいまでエサを狙って上がってくるようになった。

・・・上がってくると言うより、登って来るがピッタリだな・・・(^^ゞ
ひょっとして、こいつはまともに泳げないんじゃないのか!?

ちょっとしたこと

水槽に大きな変化はありません。
まぁ、それはそれでいいこと。
このところ、トラブル続きだったからちょい休ませてくださいw

こないだの飲み会で前の上司に「あいつは悪口も言わないし、陰口も言わない。仕事も文句も言わずにちゃんとこなしてる」
ってなことを言われていたらしい。
普段はあまり誉められたことがなかっただけに、ちょいと嬉しい(^^ゞ
まぁ、「仕事ができる」とは一言も言ってなかったらしいが、それはおいといてww

昔から、悪口や陰口は絶対に言わないようにしている。(思うところはあってもw)
今までも、これからも、守ってゆきたいね。

パステル

海水水槽を維持している以上、目を見張るようなパステルカラーのミドリイシをキープしたいってのは当然の事です。
でも、難しい・・・光、水質、素材が揃って初めて実現できます。

Continue reading

スゲミドリイシ

その後です。
imgp2455.jpg
少し白化の速度は弱まった気もします。
RTNだと一晩でこんな状態になりますから、まだ良しとしなきゃいけませんね。
本来であれば、こんな状態になれば速攻で水槽から出さないとダメなんですが、土台に完璧に活着していますから、それもままなりません。
それにしてもミドリイシは難しいです。調子がいいと思っていたスゲにも関わらず、いきなりこんな状態になるのですから。
今は換水で様子をみています。さて・・・今後、どうなるか・・・

それでは・・・お口直しをw

Continue reading

Page 1 of 412»...Last »

Home > Archives > 2009-04

Search
Feeds
Meta

Return to page top